TPPを理解する

TPPを理解するためには、その目的を知ることから始めなければなりません。
つまり、それぞれの国の思惑があるのです。
すべての国が同じように思っているわけではないのですね。
アメリカはTPP加盟国の中で超大国となっています。
つまり、アメリカにとってはTPPへの加盟はそれほど大きな意味を持ちません。
しかし、日本が加わることになれば、話は違ってきます。
日本がTPPに参加することによって、世界経済の状況が変わってくると指摘されています。
その変化は日本にとってメリットがあるのでしょうか。
直接的にはないと考えるべきでしょう。
TPPはマスコミが賛成していと言われています。
すべてのマスコミが賛成しているのですから、本当のところは参加すべきではないと考えている人も多いのです。
アメリカは、自国の雇用を創出するためにTPPに参加しています。出会いSNS
しかし、アメリカだけで8割以上を占めている状況では、雇用創出を期待することはできません。
そこで日本の参加を促しているのです。
それを見て、日本がアメリカの言いなりになっていると感じている人がいますね。
TPP反対派の人の多くはそのような感情を持っているでしょう。
日本にメリットがないのにTPPに参加するのは、アメリカの指示に従っているだけなのだと言うことです。
マスコミは日本が貿易を制限しており、鎖国状態に近いと言っていますが本当のところはどうなのでしょうか。
一部の数字だけを取り出して、それがすべてであるかのような表現が目立つことも確かです。